精神安定剤は強さがまちまちです!自分に合ったものを選ぼう!

精神安定剤の種類と効力

精神安定剤と聞いて皆さんはどの様なイメージを思い浮かべるでしょうか?
初めて耳にしたり、聞いたことがあると言った方にとっても残念ながらあまり良いイメージは無いかと思います。
日本の社会では仕事や人間関係等から知らぬうちにストレスが蓄積され易く、精神や身体的ダメージが大きいのが素因となり精神関係の病気になりがちなのが現状なのです。
そんな時に精神安定剤が活躍してくれます。

効果はその名が示す通り、緊張や不安を和らげてくれる作用を持っており、その事から安定剤等と総称して呼ばれる事もありますが正式名称は抗不安薬と呼ばれてます。
一言に抗不安薬と言っても沢山の種類が存在し、どれも不安を和らげる作用があるのは確かなのですが効力の強さや効果時間はそれぞれに違いがあります。
初めての方にとっては自分の症状に合う薬が分からないと言った疑問が浮かびますが、症状に応じて最適な薬というのは医師が処方してくれますので心配は不必要ですが自分が飲む薬なので、特徴や服用方法についてはしっかりと理解したいですよね。

医薬品の場合、効果の強さから副作用が有り用法や容量を知らずに誤って過剰に摂取をすると乱用や依存等の問題が発生するので正しい知識を持つ事が使用する上で求められます。
先述しましたが、抗不安薬は種類の多さから色んな病気に対して使用されるのですが代表的なものとして2つ挙げるならばベンゾジアゼピン系と睡眠薬に多く使われており、同時に身体の状態を安定させてくれる働きに重要な役割を持ってるセロトニンと呼ばれる物質が有名です。

ベンゾジアゼピン系ではデパスやワイパックス、セロトニンは最近サプリ等でも使われているそうです。
次に副作用についてですが、薬の種類によって強さは変わってくるのですが睡眠薬の副作用と基本的にはほぼ同じで特にフラつきや眠気が生じる事が顕著に現れ易い傾向にありますので使用する場合は、車の運転や日中の通勤時など十分な注意が必要になります。
最後に精神安定剤を処方されても効果が全く現れないから飲む量を増やそう。と個人の勝手な増薬は危険です。
もしも不安改善を再度試みる場合は必ず医師の診断の元で適した薬を処方してもらうのが一番安全かつ、賢い方法と言えます。

精神安定剤の種類について調べる